動画検索 D‐SEARCH 暮らし・生活の知識

きれいな肌には低分子コラーゲン

美しい肌を維持するための美容成分として注目を集めるコラーゲン!コラーゲンは年とともに減少していきますが、何歳ぐらいから減少するのでしょうか?


専門家の研究によると、30歳を過ぎると徐々に減少していくとのことです。そのため、30代になるとコラーゲンを摂り始める人が増えるのだそうです。


コラーゲンは毎日の食事から摂ることが基本ですが、必要な量をすべて食事から摂るというのも難しものがあります。不足する分はサプリメントやコラーゲンドリンクで補うのも良いでしょう。


私たちの体に必要なコラーゲンの量は一日5g~10gとされています。美容目的に限定するなら、一日5gの摂取量で十分とするデータもあります。


一日5gなら簡単!と考えがちですが、5gのコラーゲンを食事だけで摂ろうとすると、カロリーオーバーが心配になります。コラーゲンを摂ることだけに固執して太ってしまっては意味がありません。


1日3食バランスの良い食事を摂っていれば、2g~3g程度のコラーゲンは摂取できます。ただし、食事から摂るコラーゲンは分子が大きいため吸収がよくありません。


そのため、低分子のサプリメントやコラーゲンドリンクを活用して、足りない分を補ってあげるのです。低分子化されているコラーゲンには、トリペプチドコラーゲンやコラーゲンペプチドがあります。


コラーゲンペプチドよりもトリペプチドコラーゲンのほうが低分子で吸収率が高いといわれています。