動画検索 D‐SEARCH 暮らし・生活の知識

肌をきれいにするコラーゲン

女性はいくつになっても美しくありたいと願っています。肌をきれいにする成分といえばコラーゲンですね!コラーゲンという言葉に女性は敏感ですが、ではどのくらいコラーゲンについて知っているのでしょうか?


肌に良さそう!コラーゲンを摂取するとぷるぷるの肌になる!など、何となく良いイメージがあるから使っているという方も少なくありません。実は、私もコラーゲンのサプリメントや飲料などを愛用していますが、コラーゲンについての知識はあやふやです。


そこで、今回はコラーゲンについていろいろ調べみようと思います。まずはコラーゲンって何からできているの?という基本的なことについて説明します。


簡単にいえば、コラーゲンとはタンパク質のことです。私たちの体をつくっている成分がタンパク質ですが、体内にあるタンパク質のおよそ3割がコラーゲンなのだそうです。


コラーゲンは全身のいろいろな場所に存在していますが、一番多い部分が皮膚なんです。コラーゲン全体のうち4割が皮膚、骨と軟骨にそれぞれ2割ずつ存在しています。


ですから、コラーゲンは私たちの肌にとって必要不可欠な成分なのです。コラーゲンを摂取することで、肌の弾力や保湿力を保つことができるのです。


私たちの体内にあるコラーゲンは年齢を重ねるごとに減少していきます。若いころは誰しもみずみずしい肌をしていますが、年をとると肌の弾力が失われ、しわができるのはコラーゲンが減少するからなのです。


また、年齢とともに代謝も落ちてくるのですが、代謝が悪くなると新しいコラーゲンが生成されず、古いコラーゲンがそのまま体内に残っている状態になります。そのため、皮膚がカサカサになるのです。


肌の衰えを感じると、サプリメントやコラーゲンを多く含む食品で補おうとしますが、やみくもにたくさん摂取すればいいというわけではありません。肌をきれいにするためには、肉や魚、大豆などから良質なタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。


さまざまな機関がコラーゲンに関する研究を行っていますが、美しい肌を維持するためには一日あたり10gのコラーゲンを摂取する必要があるとのことです。


日本人女性の多くが一日あたり2gしかコラーゲンを摂っていないというデータもあります。基本は、毎日の食事で良質なタンパク質を摂ることですが、足りない分をサプリメントや機能性食品で補うのは問題ありません。


肌をきれいにするためにも、まずは一日あたり10gのコラーゲン摂取を目標にしましょう。