動画検索 D‐SEARCH 暮らし・生活の知識

過呼吸とパニック障害

心の病はいろいろありますが、症状として過呼吸を引き起こすものがあります。パニック障害も過呼吸を起こす病気のひとつです。


パニック障害の患者さんは何か不安を感じると動悸や息切れ、呼吸の乱れを生じ胸の痛みを訴えるようになります。とても苦しくて、このままでは命が危ういのでは!と怖い思いをするのです。


パニック障害の症状がでた場合、近くに人がいれば助けを呼ぶこともできますが、ひとりのときに起きたら大変です。できる限り自分で対応できるように準備をしておく必要があります。


パニックになると過呼吸になっていることが多いので、過呼吸に対する対処方法を知っていればしだいに落ち着いてきます。


過呼吸で一番よく行われる対処法が紙袋です。紙袋やビニール袋を口に当てながら息を吸い込むのです。口と袋の間に少し隙間をあけてゆっくり呼吸するようにしてください。


息を吐くと二酸化炭素がでますが、その二酸化炭素を吸うことにより、酸素の量を抑えて症状を緩和させる方法です。この方法を知っていると、袋さえ持参していればどこで過呼吸が起こっても対処することができます。