動画検索 D‐SEARCH 暮らし・生活の知識

お風呂場が寒い!

お風呂場の暖房

お風呂場

寒い季節になるとお風呂に入りたくなります!日本人が長生きなのはお風呂に入る習慣があるからだという人もいるほど、日本人はお風呂が大好きです。


確かにお風呂に入ると一日の疲れが取れるし、リラックスできるのでストレス解消にもなります。
でも、冬のお風呂場ってとても寒いです。


お風呂場に入ると洗い場の床が冷たくて「う~さぶ!」体が冷えてしまいます。


すぐに湯船のお湯をかぶり体全体を暖めますが、このお風呂場の寒さを何とかしたい!と思っている方は多いと思います。そんな方にはお風呂場の暖房乾燥機をおすすめします。


お風呂場の暖房乾燥機となると相当の費用を覚悟しなければならないと思っていませんか。昔はそれなりの値段がしましたが、現在では工事費も含めて5万~10万で導入することができます。


お風呂に入る前にスイッチを入れておけば、お風呂場全体が暖まり、お風呂場に入ったときのあの冷やっとした嫌な感じからさよならすることができます。


お風呂場の暖房乾燥機は、お年寄りのいる家庭には特におすすめします。寒いお風呂場と暖かい湯船の温度差が血圧の急激な上昇と下降をまねき亡くなるお年寄りが多いからです。家をリフォームする方のほとんどがお風呂場の暖房乾燥機を取り付けています。それだけ需要が高いのです。


湯船に浸かっている間はとても温かいのですが、湯船から出て体を洗っているうちに冷えてしまいます。そのため、ゆっくり体を洗うことができません。髪を洗うときも寒いのでシャワーをずっと出しっぱなしにしている人もいるほどです。


シャワーを出しっぱなしにするとけっこうな水量が流れますから、水道代もばかになりません。5万円ほどの出費で快適な生活が送れるのですから、寒がりの方はお風呂場の暖房乾燥機導入を考えてみてはいかがでしょうか。

お風呂場のカビ対策

お風呂場を暖める暖房乾燥機のもうひとつの魅力は乾燥機の機能です。お風呂場は湿度が高いのでカビが繁殖するには絶好の場です。


家庭の主婦が掃除で大変と感じる場所が水回りです。特にお風呂場のカビとりは重労働ですから体に負担がかかりますし、何より滑りやすいので危険が伴います。お風呂場で転んで骨折する人も少なくありません。

お風呂場カビ

カビの繁殖は健康を害します。お風呂場のカビを抑制することができるだけでも、お風呂場に暖房乾燥機をつける価値があると思います。


暖房乾燥機を取り付けると電気代が高くなることを心配する方もいますが、お風呂場は、リビングや寝室に比べると狭いのですぐに暖まりますから、電気代は気にするほど上がりません。


お風呂場に暖房乾燥機を取り付ければ、洗濯物が乾かない冬場や梅雨の時期も安心です。部屋干しすると生乾きの嫌な臭いがするのですが、お風呂場に暖房乾燥機があれば洗濯物も乾燥できるので楽ちんです。


洗濯機に乾燥機の機能が付いていないのなら、お風呂場に暖房乾燥機をつければ一石二鳥ですね。

お風呂場が寒いのはバスタブにも原因がある!

お風呂場は家の中でも使用頻度の高い場所です。家族が多ければそれだけ頻繁に使用するわけですから、劣化が早くなり汚れもつきやすくなります。湿気がこもる場所なのでカビの発生も心配です。


お風呂場は元々寒い場所ですが、その寒さの原因のひとつがバスタブの保温性の悪さにあります。家族が多い家庭では、お風呂に入るたびに追い炊きをして湯船のお湯を温めていると思います。バスタブに蓋をしてもお湯の温度は維持できません。これは、バスタブの保温性が悪いからです。

湯船

バスタブの蓋は、お湯の蒸気で濡れています。お風呂からでた後も湿っている状態が続くのでカビが生えやすい箇所でもあるのです。温度をさげないようにするため、蓋を半分しめたまま湯船に浸かる人もますが、そうするとお風呂場全体の温度が低くなり、体や髪を洗うときに寒い思いをします。


リフォームを考えている人がまっさきに改装したい場所がお風呂場なのです。それだけ、お風呂場に不便を感じているのでしょう。日本人はお風呂が好きですから、ある程度お金をかけても、それ以上の対価が得られると考えているのだと思います。


最新のバスタブは保温性がとても高いので、追い炊きの回数を格段に減らすことができるので、ガス代の節約にもなります。お湯が冷めないように、家族が次々に慌ててお風呂に入る必要もなくなります。

お風呂場の明かり

ストレス解消

お風呂場が寒く感じる原因のひとつが明かりにあります。お風呂場の明かりって電球ひとつの家庭が多いので暗く感じしまうのです。


お風呂場の「調光システム」を変えるだけでずいぶんと明るくなります。また、最近では入浴中にアロマを灯したり、音楽を聴いたりする方も増えています。お風呂は一日の疲れを癒し、ストレスを解消する場でもあるのです。


バスタブでゆったりくつろいでいるときには灯りを暗めにして、身体を洗う時には明るくして、というようにお風呂場の明かりを好みに合わせて調整できるようになります。


お風呂場でのリラクゼーションは、とても心地よくリラックスできるので、その後の睡眠にも良い影響を与えます。ぐっすりと深い眠りに入ることも可能ですし、翌日には心身ともにリフレッシュしています。


お風呂好きの方は、リラクゼーションを楽しむためにも「調光システム」を取り入れてみてはいかがでしょうか。