東京でも恵方巻

東京では、節分といえば豆まき!

「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまいて、自分の年の数だけ豆を食べる

子供のころからの慣例行事でした。

しかし、最近では東京でも節分の日に恵方巻を食べる人が増えています。

もともと大阪を中心とした関西圏で、節分の日に太巻きを食べていた習慣をセブンイレブンが恵方巻と名付けて 広めたそうです。

恵方巻が全国的に認知されたことで、いろいろな恵方巻が発売されています。

くら寿司では「いわしの恵方巻」

池袋東武百貨店は「松坂牛の恵方巻」

ほっともっとではのり弁を巻きずしにした「のり弁巻」

その他にも、通常の6倍の大きさの「メガ恵方巻」などがあります。

蔵寿司 いわし恵方巻

恵方巻動画特集!